So-net無料ブログ作成
検索選択
相場観 ブログトップ

今週の見通しと戦略 (2014/06/02 〜 2014/06/06) [相場観]

先週の振り返り


先週は底堅い1週間となりました。

出来高こそまだまだ物足りなかったものの
押し目らしい押し目もなく上げてきた感じです。

日経平均 14,462 → 14,632 +170円
マザーズ 702.98 → 777.15 +74.17pt

マザーズ指数に至っては、先週で10%以上の上昇となっています。

これまで叩き売られてきた新興市場ですが、
値ごろ感+投資家のマインドが好転してきたという事の現れでしょう。

先週で注目すべきは、
5/30(金) です。

実に8営業日振りの陰線となった日ですが、
この日の出来高 27.7億株。
久しぶりに20億後半の取引となりました。

この日、前場終了時点は10億株未満の出来高でしたが、
後場だけで18億株もの出来高をこなしております。

前日木曜日の1日の出来高が18.9億株ですから
後場だけで前日とほぼ同じ出来高をこなした事になります。

後場といえば、急調整が入り、
日経平均も一気に60円ほど値を落としておりましたが、
引けにかけ値を戻してきました。

これらの事を踏まえると
大口が買向っていると考えられます。

信託銀行が1781億買い越しとのニュースも出ておりました。

着々と上昇への土台が固められてきているのでは?


■今週の結果
7勝2敗 + 251,000 円

スクリーンショット 2014-06-01 22.48.18.png

今週の見通し


明日から6月となりますが、
相場も新しいステージに入ってくるのではないかと見ています。

1月から5月前半まで 日本イジメ相場
 ↓
5月後半 売られ過ぎ水準からのリバウンド相場
 ↓
6月〜8月 16000円を意識した上昇相場

ざっくり書くとこんなイメージです。

まず日本政府としては消費税10%実現に向け
景気回復を達成しなければならないという事が前提にあります。

景気回復をイメージとして植え付けるには
手っ取り早いのは株価の上昇なので、
年末までには昨年の高値以上の値を
つけられるよう舵を切ってくるはずです。

年末までに昨年の高値を超すとなると
9月までにはそれなりの所までは持っていかないと
厳しいので、6月から8月で株価を吊り上げてくるのではないか?
と見ています。

ただ、今週から16000円に向けた急上昇が開始されるのか
というとそうはならないと思います。

今週はアメリカでは経済指標の発表が目白押し、
欧州ではECB(欧州中央銀行)による政策金利発表が控えています。

注目すべきは
5日(木) ECB政策金利発表と6日(金) 米雇用統計。
これまでと違い今回は事前期待が高いものとなっており
ネガティブな結果がでた際の反動が気になります。

もう一つ気がかりなのは
為替ですね。

先週は102円に乗せてきてもおかしくはない相場環境でした。
なのにずっと101円半ばで推移しております。

今週の経済指標ラッシュを前に
手控えムードとなっているのでしょうが、
少し不気味ですね。

という事で今週は上昇に向けての調整週となるのではないか
と見ています。

15000円前後でしっかりと値を固めてもらい
力強い上昇相場へと向かっていって欲しいものですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

今週の見通しと戦略 (2014/05/26 〜 2014/05/30) [相場観]

明日の日経平均ギャップアップスタートで
14500円を超えた寄りになると思っています。

そうなると日経は三空形成となり利確による売り、
及び月曜はアメリカ市場が休みとなる為、積極的な買いが入らず
寄り天から調整に入ると見ています。

ただ、この調整は上に行く為の調整であり、売り崩しては来ないと思います。
月火に調整が入り水曜日以降15000円を目指す方向に動き出すのでは?
と個人的には予想しています。

6月月初にはアメリカの経済指標が多く発表される為、
ひょっとするとそれまでは手控えムードとなるかもしれませんが。

なので、月曜日の高い位置から調整に入るタイミングを見計らい
信用売りで小遣い稼ぎもありかな?と思案中です。

まあ、こういった小細工にでると大概失敗したりするのですが。。。

現在保有中の銘柄アイフルに関してですが、
直近の高値 420円を超える事ができるか?
というのが焦点になるかと思います。

420の壁を超える事ができれば、450は早いと見ているので、
420手前で一旦利確し、明確に420を超えたのを確認してから再度購入もありかな
と考えています。

UBICに関しては、値動きの激しい銘柄だけにあまり長期間保有していたくないのですが、
今週中に500円近辺はあると思っているので、その辺りで利確予定です。


長い曇り空からようやく一筋の光が見え始めた日本市場。
完全に雲が晴れ青空が広がるのか?それとも
再び分厚い雲に覆われ、嵐に見舞われるのか?

今週も楽しみな相場となりそうです(^_^)





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

今週の見通し (2014/05/19 〜 2015/05/23) [相場観]

日曜の夜には
明日からの1週間の見通しを書いていきたいと思っています。
まあ、あくまで弱小個人の所見ですが。。。

先の事は誰にも分かりませんが、
ある程度の見通しを立てて、トレードに挑んでいく事は大事だと思うので!!


今週も波乱含みの難しい相場となりそうな感じがします。
まず、外部環境ですが
先週末のアメリカ市場は +44ドルと値を上げましたが、
木、金での270ドル近くの下げ幅から考えると戻りも弱く、
25日線も間近に迫っており、このまま25日線を割って
16,000ドル方向へ下振れていく可能性がありそうです。

ドル円もなかなか103円に載せる事ができず、
モタついている間に101円半ばで踏ん張っている状況。
ダウの下振れとともに101円を割る可能性もあり注意が必要ですね。

大統領選を控えているウクライナの状況も気になります。
いつまでごたごたやってんねん!!って言いたくなりますよね。

で、国内ですが
14000円を割ってくるのではないかと思っています。

そうなると意識されるのが 年初来安値 13,885円。
ここを守れるのかどうかが焦点になりそうな気がします。

20、21日には日銀金融政策決定会合があります。
おそらく何のアクションもないと思われ
また市場もその事は織り込み済みだと思いますが、
ダウが軟調だと仕掛け売りで大きく値を下げる可能性もあります。

ただ、万が一、「追加金融緩和」といったサプライズがあると
待ちに待った国内発の材料により力強い相場が期待できるのですが、
まー、無理かな。
黒田日銀総裁の愛想のない顔を思い浮かべるとなさそうですね。。。

今週は、持ち越しなしで立ち回るのが無難かなと思っています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
相場観 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。